保冷剤を再利用!ペットボトルスノードーム【簡単手作りおもちゃ】

のんのん

家にあるもので簡単に作れる手作りおもちゃ、紹介します。

0歳からでも楽しめる
おもちゃが作りたい。
 
不器用でも
簡単に作れるものがいいわ

 

自他共に認める不器用な私でも

簡単にできる手作りおもちゃ

 

0歳から遊べる!

ペットボトルで作るスノードーム

について紹介します。

 

スノードーム、

キラキラして

0歳から見て楽しめて

視育にも繋がるおもちゃですよね

 

既製品を買うと

なかなかいいお値段

 

家庭でも簡単に作れます

 

家で作る場合、

液体のりや洗濯のりを入れて作る方法が

一般的ですが、

わざわざ購入するのもなーと(笑)

 

のんのん
のんのん

手作りスノードーム

洗濯のりや液体のりを

入れてつくることが多いけど

もっと手軽に手に入るもの、

もしくは家にあるもので
代わりになるものはあるかしら?

   

のんのん
のんのん

そうだ!
家にある保冷剤を

使ってみよう

無料でもらって沢山 あるのよね

 

ということで、

家に沢山あった

無料でもらった保冷剤を使って

作ってみました

 

結果はこんな感じ

保冷剤とペットボトルで簡単手作り スノードーム

 

もちろん不器用さんでも

簡単にすぐできます。

 

私は不器用なので

クオリティ低いですが

子供は喜んで遊んでましたよ

 

ちなみに気になる保冷剤の中身は

高吸水性ポリマーと水

 

保冷剤の主成分は

水で製品の98%を占めます。

残りの成分は

高吸水性ポリマーです。

高吸水性ポリマーは

水を固める性質があり、

紙オムツなどに使われています。

各種保冷剤の製造・販売 アイスジャパンより

 

のんのん
のんのん

保冷剤は食べられないので

こどもの

手の届かないところに

保管しましょうね

 

   

制作時間 20分程度

難易度1.0

 

材料

    

  • 空きペットボトル
  • 保冷剤
  • 水道水
  • 中に入れるビーズやキラキラしているもの(100均にいろいろあります)

  

作り方

① ペットボトルの中にキラキラしたビーズ等を入れる

 

 

今回はキラキラしたものとして、

クリスマスに使用した100均カチューシャと飾りを利用。

〇つけた部分をハサミで切って入れました

 

  

上の画像のキラキラ部分を切って入れました

 

近くに100均がない場合は

Amazonや楽天で

ラメグリッターやビーズを購入しても〇

このおもちゃ以外にも使えそうですよね

 

 

 

② ①に保冷剤を入れる

 

   

注意)保冷剤の種類によって粘度が違います

   

③ 水道水を入れて薄める

  

今回は保冷剤4つ使用しました。

500mlペットボトルです。

   

保冷剤によって粘度が違います。


保冷剤を少し入れて、

そこに水を入れて振ってみて
を繰り返すと

キレイなものができます

     

私はがさつなので保冷剤何個か入れて水の量で調整してしまいますが(;’∀’)

 

我が子は力持ちなので

500mlのペットボトルを

余裕で持ちますが、

赤ちゃんには

明治R-1などの

小ぶりのペットボトルの方が

持ちやすくてよいと思います

  

③ 蓋が取れないようビニールテープ等でキャップをしっかりくっつける

  

出来上がり!

 

とっても簡単!

不器用な私でもあっという間にできます

材料費もほとんどかかっていないのに
子供は振ってキラキラさせて楽しんでいます♪

  

ちなみにビニールテープは

何でも使えて便利なので

まとめ買いしてます

 

 

 

子供の反応

寝返り時期 

→親が振って見せると目で追ったり

手出して握りたいと意思表示

   

のんのん
のんのん

あかちゃんに

いろいろ話しかけるのが

脳を発達させるのによい

と本で読み

「きらきらしているね」

「きれいだね」

と話しながら

振って見せていました

 

動くものを目で追うのが視育にいいんですって

 

ハイハイ・つかまり立ち時期 

→倒したり自分で振ったりして遊んでいました

 

のんのん
のんのん

自分で好きなおもちゃを

選ぶようになり

積極的に振っていました。

自分で振ってきらきら

させるのが

楽しかったようです

 

0歳児の時に主に活躍した手作りおもちゃです

1歳過ぎて歩けるようになると

あまり遊ばなくなりましたが、

たまに笑顔で振りながら

親のところに持ってくることもあります

 

のんのん
のんのん

私がペットボトル飲料を

飲んでいると

「これもおなじ」

と言わんばかりに

「う!」

と言って

振りながら持ってくることも

同じものが分かるんだなと

成長を感じました。

 

こうやって

『同じものと認識できる』

のも

身近なものを使って

作るメリットですよね

 

もっと大きくなって

ハサミを使えるようになれば

一緒に作ることもできるので

成長を楽しみにしています

 

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました