子供が「成功する経営者」になるために必要な力とは?

ヒデ

2020年1月に、子供がなりたい職業ランキングがでて、

「社長」は、5位という結果が出ていました。 

実際に親も、子供を経営者にさせたい

と考えている人は多いです。

 

自分が会社を興せば、社長になれるので

経営者自体になるのは簡単です。

 

問題は成功する経営者になれるかどうかです。

 

この記事では、子供に

「成功する経営者になってもらうために必要な能力」

についての説明します。

 

成功している経営者が備えている能力とは?

成功している経営者は共通して、

本質を見抜く能力

を身につけています。

この能力のことを

「洞察力」

と言ったりもします。

 

本質を見抜く能力?何だそれ?

と思われたかもしれません。

 

例えば、2020年2月、3月は、

コロナウイルスで日本が大騒ぎになっていました。

 

そして、その騒ぎの中、

「コロナウイルスに感染したくない。」

ということからティッシュやマスクがなくなるのではないかと

買い占める人が多かったですね。

 

こういうとき、テレビなどで、

「マスクやティッシュの買い占めが後を絶ちません。」

などと放送したり、国が、

「マスクやティッシュの買い占めを辞めてください。」

と言います。

 

そうすると、多くの人は余計に不安になり、

辞めるどころかむしろ買い占めが増えます。

 

こういう状況になって、

「自分も買っておかなきゃ。」

と考えてはいけません。

 

冷静になって、

「なるほど、こういう事態が起きたときは、

多くの人は、不安を紛らわそうとか、

自分だけが助かればいいと思い、

我先に買い占めようとするんだ。」

と、「なぜ人がそのような行動をするのか?」を

考えるのです。

 

これが「本質を見抜く。」ということです。

 

「ティッシュやマスクが高く転売されている。」

というニュースを聞いて、真似をして転売をすれば、

その時期はうまくいくかもしれません。

しかし、本質的なことが分かっていないと、

別な状況の時に応用が利きません。  

 

私が以前お世話になったことがある、

経営コンサルタントの杉本さんも、

「実際に成功している経営者は、本質を見抜く能力を備えている。」

と話しています。

成功している経営者の共通点とは?|杉本智|ビジネスを《一つ上の次元に引き上げる》コンサルタント|note
【ビジネスを一つ上の次元に引き上げる】  コンサルタントの 杉本 智です。 今日は、 成功している経営者がほぼ全員持っている 「ある要素」についてお話しいたします。 結論から言います。 それは、 本質を見抜く ということです。 ちなみに本質の定義を調べてみると そのものとして欠くことができない...

 

歴史は繰り返す

過去の歴史を振り返っても、

日本がオイルショックの時、多くの人が

マスコミの情報や噂を信じていました。

 

そして真実を知ろうともせずに、

トイレットペーパーの買い占めをしていました。

今回と同じような状況ですよね。

 

本質が分かっている人は、

こういうときどう動くかを考えられたはずです。

 

話は少し変わりますが、ほかにも人気のあるマンガは、

ほとんど同じパターンで構成されています。

【ワンピースやナルトを例に】ヒーローズジャーニー(神話の法則)を解説!
今、世の中で人気のある漫画や映画は、ほとんど同じパターンで構成されていることを知っていますか!?それが、「ヒーローズ・ジャーニー」と呼ばれるものになります。アメリカの神話学者、「ジョセフ・キャンベル」が、古からの数多の神話を分析して編み出し

 

登場人物や細かな舞台は違うとしても、

共通する人気が出るような本質を捉えて

書かれているから人気が出るのです。

 

また、堀江貴文さんは、自らの著書「多動力」の中で、

「ライブドア事件のとき、マスコミが世論を煽り、

検察が動き出した。」

と話しています。

 

そのとき、堀江貴文さんは理不尽と感じ、

検察という組織を歴史から徹底的に調べたそうです。

 

その結果、検察は、過去にもマスコミと連携して、

一人の敵を作り出し、刑事裁判にかけて世論の支持を得たことが

あることが判明しました。

しまいには、政治家になった検察官がいるとのことでした。

 

いいか悪いかは別にして、

マスコミを利用して世間を注目させ、

支持を得るというやりかたの本質は

昔から変わっていないのです。

 

本質を見抜く能力を身につけるには? 

堀江貴文さんは、

こういった時代が変化しても変わらない本質のことを

「教養」

といい、

「教養があれば、原液(自分にしかできないアイデアや発言)が作れる。」

「原液があれば、あとは誰かが薄めて仕事をしてくれる。」

と話していました。

 

この教養を身につけるために、堀江さんは、

「疑問に思ったことはとことん徹底的に掘り下げる。」

ということをしました。

徹底的に掘り下げることで、

いろんな場面で共通している部分が分かってきて、

本質が見えてくるのです。 

 

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。」

と言いますが、成功している人は、

問題が起きたときには、目先のことではなく、

過去の歴史を振り返るなどして、

問題の本質を見抜こうとするのです。

 

まとめ

成功する経営者になるために必要な能力は、

「本質を見抜く能力」

です。

 

この能力を身につけるためには、

「疑問に思ったことはとことん徹底的に掘り下げる。」

ことが必要です。

 

そのため、本気で子供に「成功する経営者」になってほしいのであれば、

子供が興味を持ったことは徹底的にやらせて、

疑問に思ったことは徹底的に調べさせて、

「本質を見抜く能力」を身につけさせた方がいいでしょう。

ヒデ 必要な能力
スポンサーリンク
令和時代に活躍できる子にする!育児法

コメント

タイトルとURLをコピーしました