松下幸之助も大切にした【素直さ】が身につく子供の育て方とは?

おススメ本・グッズ

松下幸之助も【素直さ】を大切にしていた

パナソニック創業者の松下幸之助は、

「学ぶ心さえあれば、万物すべてこれ我が師である。」

と話していていて、素直さを大切にしていました。

 

この【素直さ】とは簡単に言うと

アドバイスを受け入れる能力

です。

 

アドバイスをする方は、

「不足している部分を改善してあげたい。」

という思いで助言してくれているので、

そのアドバイスをされた方は、

受け入れて実践することで

結果が変わってきます。

 

これは勉強でもスポーツでもゲームでも

共通して言えることです。

 

素直さを身につけるには

子供の頃からの環境が重要です。

 

この記事では、

子供に【素直さ】を身につけてもらうために親ができること

について解説していきます。

 

やることの理由を教える

「何で素直に言うことを聞いてくれないの?」

子供を持った親なら一度は思うことです。

 

例えば、宿題をやろうとしない子供に

「宿題をやりなさい。」

と言って、宿題をさせたいとします。

 

子供はなぜやらないのかというのと、

ズバリ、やりたくないからです。

 

何でやりたくないのかというと

  • 面白くないから
  • 別の楽しいことをしたいから
  • 必要性が分からないから

です。

  

そのため、子供の宿題をやらない原因を

解決してあげないといけません。

 

ここで大事なのが、

やることの理由を教える

ということです。

 

ちなみに、ある子供がイチローに

「学校で勉強しているのに、

何で家で宿題をやらないといけないんですか?」

と質問したときに、イチローは、

「大人になるとやりたいことばかり

やっているというわけにはいかない。

 

社会で生きていくためには、

やりたくないこともやらないといけない。

 

宿題はその訓練と捉えることができる。」

と話していました。

宿題のある意味ってなんですか?【おしえて!イチロー先生】

  

そして、その理由も、

親のための理由ではなく、

子供のための理由でないと

子供は納得してくれません。

 

「子供の成績がいいことを

ほかの親に見せつけたい。」

といった親の自慢のためとかだと、

そのことを子供も感づきます。

 

素直な子供にさせるために親ができること

理由を伝えることのほかにも

子供に素直に育ってもらうために

親ができることとしては、

  • 夫婦関係が良好であること
  • 親も子供に素直であること
  • 指摘した後はしばらく時間を空けてから取り組ませること

ということがあります。

 

夫婦関係が良好だと、夫も妻も

お互いを尊重しているから、

お互いを否定し合うことがありません。

 

意見が違うことはあるでしょうが、

相手の考えを聞く姿勢は持っています。

 

これは親自体が素直だからこうなるのです。

 

そして、素直な親は子供に対しても素直です。

 

そういう素直な親の元という環境だからこそ

子供も素直になるのです。

 

以前、

「お父さんのような人になっちゃダメ」と言うのはNG その理由は?」

という記事の中で、

「天才児の家庭は夫婦仲が良い」という

内容の記事を書いたことがありますが、 

子供の素直さにおいても

夫婦関係の良さは大事ですね。

「お父さんのような人になっちゃダメ」と言うのはNG その理由は?
男の子を持つお母さんの中には、子供に、「お父さんのような人になっちゃダメよ。」と言う方がいます。  こういうお母さんは、子供がやりたくないと思っていることでも勉強や習い事など自分がい...

 

そのほか、人は指摘されたり怒られたりすると、

感情が揺らされて反抗したくなったり、

やる気を失ったりします。

 

感情が素直さの邪魔をするので

そういうときはあえて何もやらせず、

時間を空けましょう

 

時間が空いて落ち着いてくると

指摘を冷静に考えられるようになり、

自分の中で納得ができれば

素直に動いてくれやすくなります。

 

こういった感情のコントロールを

教えてあげることも大事です。

 

「成功するには【素直さ】が必要である。」と言う著名人の声

成功者は共通して

【素直さ】

を備えています。

 

モバイルオンラインゲームの事業で

有名な株式会社gumiの社長の

国光宏尚さんも

とツイートしていました。

 

元陸上競技選手の為末大さんも

とツイートしていました。

 

1兆ドルコーチ――シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

という本では、アップル創業者の

スティーブ・ジョブスを助けた

ビル・キャンベルはコーチを引き受ける前に

コーチが可能な人かどうか

テストしていたようです。

 

素直に言うことを聞いてくれる人でないと

成功しないということを分かっていたから

引き受ける前に見極めたかったんでしょうね。

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

 

この「素直さ」という能力が、

成功するために必要な能力であることが

裏付けられます。

 

素直な子供に教えないといけない注意点

素直さは大事ですが、注意点があります。

 

それは、

自分の頭で考えることを忘れないこと

です。

 

本質を理解しないまま、

何でも信じて行動するのはかなり危険です。

 

まずは一度は受け入れる。

 

そして、

「なぜそのようにアドバイスするのだろうか?」

とアドバイスの本質を考えるという姿勢が良いです。

  

私の同級生にも、

勧誘者の言うことを信じてしまって、

よく分からない宗教にのめりこんで

しまった人がいました。

 

最悪、洗脳されてしまうこともあるので

注意しないといけないことです。 

 

まとめ

素直な子供に育てるために大事なことは、

  • 行動してもらいたい理由を伝えること
  • その理由は子供のためであること
  • 夫婦関係が良好であること
  • 親も子供に素直に接すること
  • 指摘した後はしばらく時間を空けてから取り組ませること

です。

 

ただし、素直に育てる中でも、

  • まずは一度は受け入れさせてみる
  • アドバイスの本質を自分の頭で考えさせる

という姿勢で臨むと良いでしょう。

 

大人になってしまってから

素直にさせるのは難しいので、

子供の頃から【素直さ】が

身につくように育てていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました